きれいな海で育った
もっちり真鯛が
ゴロゴロ入ってる!

透明度が高く栄養豊かな漁場で
徹底した健康管理のもと飼育。
安心して食べられる
身質絶好のブランド真鯛。

 愛媛県は水産業が盛んで、魚類の養殖生産量は40年以上も日本一の座に輝き続けています。質のよさにも定評があり、なかでも真鯛は全国シェア50%以上を誇ります。真鯛をはじめ、愛媛県産の魚の多くは、太平洋を北上する黒潮の一部が流れ込んでくる宇和海で生産されています。潮流は宇和海の海水を新鮮にし、プランクトンやミネラルを運んできます。こうした黒潮の恩恵で、宇和海はきれいで栄養豊かな、魚にとって理想の環境が保たれているのです。そんな宇和海のなかでも特に真鯛にとって好環境な漁場、愛南町深浦湾で「ふかうら真鯛」は育てられています。
 「ふかうら真鯛」を生産しているのは、安心・安全な養殖に取り組む安高水産です。水深が50~60mほどある場所に、一般的なものより随分大型の生簀を設置し、鯛にストレスのかからない密度で飼育します。稚魚の段階から病気予防に細心の注意を払い、水温やエサの量などをデータ化し、出荷までしっかり管理。のびのびと泳ぎ回り健康に育った「ふかうら真鯛」は身質がよく、もっちりとしたうま味が自慢です

特許技術の血抜きで実現させた
魚嫌いでも食べられる味。
ご飯にかけるだけで
舌もお腹も満たす絶品丼に!

 「ふかうら真鯛のぶっかけ鯛丼」は、ごまだれにふかうら真鯛の切り身が漬け込まれた商品で、解凍してご飯にかけるだけで絶品鯛丼が味わえます。生魚を使っているのに特有の臭みがなく、魚嫌いの人にも「これなら食べられる!」と大好評です。
 この商品を作っているのは、ふかうら真鯛が水揚げされる深浦港にある水産加工会社、ハマスイです。独自の研究で編み出した毛細血管からも血を抜きとる特許技術を使うことで、鮮度のよさを長持ちさせ、臭みを抑えることに成功。この特許技術と、水揚げから30分以内に製品化するスピード加工、鮮度のいい状態を閉じ込める冷凍方法により、真鯛の活きのいい味わいを楽しめる「ふかうら真鯛のぶっかけ鯛丼」が生まれました。
 真鯛のプリプリもっちもっちの食感に驚かされます。真鯛がゴロゴロたっぷり、特製ごまだれが絡んだご飯もおいしい、食べ応え満点の鯛丼をどうぞ。

ササッと作れて満足度が高い
冷凍庫に備えておきたい一品。

ササッと作れて満足度が高い
冷凍庫に備えておきたい一品。

 「ふかうら真鯛のぶっかけ鯛丼」は、リピート買いする人もいる人気商品です。これさえあれば、ササッと手間をかけずに満足度の高いメニューが用意できます。家呑みの締めの一品や、夜食にもおすすめ。冷凍庫に備えておいて損はありません。贈答にもおすすめです。

商品のご購入は【こちら】