朝摘みの新鮮な
“大人のイチゴ”が
ひんやりデザートに。

愛媛県オリジナル品種の
「紅い雫」。
高原盆地の気候が
甘みをたっぷり蓄えさせる。

 「紅い雫」は愛媛県が10年かけて開発したオリジナル品種のイチゴです。果皮が鮮やかな赤色で豊かな香りを持つ「あまおとめ」と、果肉まで赤く強い甘みが自慢の「紅ほっぺ」を交配して生まれました。この2つの品種のいいところを持ち、糖度・酸度ともに高いのが特長です。甘いだけでなく、酸味とのバランスがよく、華やかな味わいが楽しめます。日本には約300種のイチゴがあり、新品種も次々に出ています。そのなかにあって、愛媛県の紅い雫は“大人のいちご”といわれる濃厚な味で人気を集めています。
 ハーベストが厳選した紅い雫は、愛媛県西予市宇和町にある「frago」で栽培されるものです。西予市宇和町は、400~800mの山々に囲まれた標高200mの高原盆地です。昼夜の寒暖差がイチゴに甘みとうま味を蓄えさせます。また、おいしいイチゴづくりに欠かせないきれいな水にも恵まれています。こうした環境を活かし、太陽の光をたっぷり当て、愛情を注いで育てるプレミアムな紅い雫をお届けします。女王級の華やかな味わいが楽しめる、その名も「紅の女王」です。

赤く、あま~く熟した
プレミアムなイチゴ
「紅の女王」を
新鮮なうちに冷凍。

 fragoがめざしているのは、食べた人が笑顔になる安心・安全で甘いイチゴづくりです。太陽の光を浴びる時間や気温、湿度といったデータ、イチゴの生育状況をチェックし、水や液肥を与える量を細やかに調整。天敵を使った害虫対策を施し、農薬の使用をできる限り減らしています。こうして育てた特別なイチゴ「紅の女王」を、糖度の高い完熟状態にこだわって朝摘みします。イチゴはデリケートで傷みやすいので鮮度が大事。fragoの冷凍イチゴは、その日のうちに急速冷凍し、新鮮なおいしさを閉じ込めています。
 ヘタをきれいに取り除き、1粒1粒バラバラの状態で凍らせているので、食べたい分だけ取り出せます。そのまま食べれば、果実100%のイチゴシャーベットに。半解凍なら、しっかりした食感の果肉から芳醇な蜜が出てくる「生のイチゴ感」が楽しめます。スムージーの材料やヨーグルトのトッピングにもおすすめです。

リピーターも多い人気商品
ハーベスト限定販売です!

リピーターも多い人気商品
ハーベスト限定販売です!

 愛媛県西予市のイチゴ農園「frago」が一粒一粒大事に育てるプレミアムな「紅い雫」の冷凍イチゴは、ハーベストのみでのお取り扱いです。お届けは6~9月の期間限定になります。生のイチゴが出回らない時期に登場する、リピーターの多い人気商品です。

商品のご購入は【こちら】